eビジネス/eコマースの動向と技術
デジタル・ビジネスモデル研究所 幡鎌 博

 このページでは、eビジネス・eコマース(電子商取引)の理解と創造に役立つことを目的に、 eビジネス・eコマースの動向と活用技術を幅広く提供します。技術の詳細情報として、 ビジネス方法特許(ビジネスモデル特許)を調査して載せています。
 狙いと運営方法の詳細については,こちらへ。 eビジネスの教科書(最新版は第八版、2020年5月)の内容を補う詳細情報や 最新状況を入手する情報源として利用していただくことを、想定しております。
 月刊 最新、ビジネス方法特許の登録状況には、主にビジネス方法特許(ビジネスモデル特許)の登録の速報を毎月発信しております。
 その他、デジタルトランスフォーメーション(DX)の事例集や、 デジタルトランスフォーメーション(DX)のリンク集もあわせてご利用ください
 ブログ には、日々の感想を記しています。

 

BtoC ビジネス (最終更新 : 2020.4.8)
ネットショップ、モール、モバイルEC、越境EC、アパレルのネット販売、マーチャンダイジング(商品開発)など
CtoC・サブスクリプション(シェアリングエコノミーサービス) (最終更新 : 2020.4.8)
フリマアプリ・手作り品売買サイト、オークション、サブスリプション(定額レンタル等)など
ネット広告/ネットマーケティング (最終更新 : 2020.4.9)
検索連動型広告、バナー広告、モバイル広告/携帯マーケティング、動画広告、ネットマーケティング事例、アフィリエイト、DMP、キャンペーン、クーポン/ポイント等
ソーシャルメディア(CGM、UGC) (最終更新 : 2020.4.10)
商品の比較・評価のサイト、クチコミ掲示板、SNS、ブログ、 ソーシャルメディアを利用したマーケティング/販売、ソーシャルサービス/知識サイトなど
マルチチャネル販売、OtoO、BtoBtoC (最終更新 : 2019.8.30)
マルチチャネル販売、オムニチャネル、OtoO(Online to Offline)、 代理店やディーラー網を活かすBtoBtoCの仕組みなど
金融関連 (最終更新 : 2020.5.20)
決済・与信サービス、スマホ決済、貿易金融、銀行/保険/証券関連、クラウド型の会計/資産管理、アグリゲーション等
物流・流通関連 (最終更新 : 2019.9.1)
ネット企業/通販企業の物流・フルフィルメント、宅配業関連、物流と決済の連携、倉庫管理、食品流通・トレーサビリティ、FSP、自動発注、カテゴリーマネジメントなど。
BtoB (最終更新 : 2019.10.26)
調達、ビジネスディレクトリ、EDI、eマーケットプレイス(製造、建設/建築、求車求貨、食料品/消費財、流通など)、業界インフラなど
業種毎のeビジネス (最終更新 : 2019.9.1)
旅行業界、化粧品業界、アパレル/繊維業界、建材・住宅・不動産業界、書店・出版、文具・オフィス用品
EC向け技術の動向(API、レコメンデーション等) (最終更新 : 2020.4.11)
APIの公開・活用、マッシュアップ、レコメンデーション/パーソナライゼーションなどの動向や技術。

* デジタル・ビジネスモデル研究所のトップページに戻る


テキストの執筆

eビジネスの教科書 [第八版] 第八版について


関連するブログエントリ

2章: 楽天の「ツー・ミニッツ・コール」再び ヤフー!ショッピングの無料化の反響 アマゾン・コムの戦略 サービスの垂直統合と顧客中心主義 第1回ネットライフ調査より

3章: AISASベースの統合モデル ロングテール理論の全体像 ロングテール(アップデート版)で訳が改善 A/Bテストは普及するか?

5章: 岡村製作所のAutoStoreをニトリが採用 流通小売と新決済サービスの行方(FinTech)

6章: イオンドットコムのオムニチャネル戦略 オムニチャネル・リテイリング O2O (Online to Offline) とは ユナイテッドアローズのマルチチャネル販売

7章: 旅行関連のクチコミサイト 客室のネット予約を一元管理

8章: 楽天とヤフーのビッグデータ活用 [書評] クラウド化する世界 プラットフォーム指向からマッシュアップ指向へ

9章: ヤフーの広告商品「PRオプション」の特許が成立 2014年に成立したビジネス方法特許より 凸版印刷のマピオン特許の無効審判 インテレクチュアル・ベンチャーズのビジネスの根本的な問題点

10章: 再発明を促進するマッシュアップ アマゾンとアップルのイノベーションに対する姿勢は対照的